エックスサーバーでの301リダイレクト方法。ドメインのSSL化「.htaccess編集」もやっておこう!

ブログ

どうも、妖狐(yo-ko)です。

   

この記事ではエックスサーバーでの301リダイレクト方法と、.htaccess編集について解説していきます。

       

エックスサーバーでの301リダイレクト方法

301リダイレクトとは、ページやサイトを恒久的に移転する際に利用する転送方法です。また、グーグルが推奨しているやり方でもあります。

     

転送元サイトの情報を引き継げる為、SEO的にはダメージを受けません。そういった意味では、非常に優秀な転送方法だと言えます。

「302リダイレクト」という転送方法も存在する。こちらは一時的な転送であり、SEO的にもダメージを受けるので注意。

        

この転送方法を使用する場面は多々あり、

301リダイレクトが活用できる場面

・ドメインが分裂

・wwwあり・なしの統合

・サイト移転

などがあげられます。

    

コンテンツが重複しているとグーグルからペナルティを受けますので、必ず301リダイレクトを行いURLを正規化しておきましょう。

        

では、順に解説していきます。

      

1. サーバーパネルから「サイト転送設定」へ

      

2. 使用中のドメインを選択

     

3. 「リダイレクト設定追加」を選択

     

4. 対象URLを記入

赤枠が転送前URL、青枠が転送後URLになります。逆にしないように注意して下さい。

      

5. 「リダイレクト設定」ページでURLを確認

当ブログではドメインが分裂したので、上記のように設定しました。これで分裂したドメインの方にアクセスが来たとしても、リダイレクト先へ転送されます。

     

設定を行った後は「実際に正規URLへ転送されているか?」をちゃんと確認しておきましょう!

     

「.htaccess」編集のやり方

続いては、エックスドメインでドメインをSSL化した際にやっておくべき.htaccess編集について解説いたします。

         

.htaccess編集が出来ていないと、「httpsページ」と「httpページ」が混在してしまいます。重複コンテンツとみなされペナルティを受けますので(実体験済み)、必ずやっておきましょう。

         

1. サーバーパネルから「.htaccess編集」へ

      

2. 使用中のドメインを選択

     

3. 「.htaccess編集」へ

     

4. コードを編集する

.htaccess編集画面枠内に下記のコードを記載して下さい。

      

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

   

ただし、ワードプレスよりも上に記載しないとなぜか反映されません。私がペナルティを受ける事になったのもこれが原因なので注意して下さい。

     

      

通常は「# BEGIN WordPress」が一番上にありますので、その上に記載して下さい。こんな感じです↓

       

     

以上で作業は完了となります。最後は「httpページ」から「httpsページ」へちゃんと転送されているか確認しておきましょう。

      

なお、この一連の説明はエックスサーバー関連マニュアルにも記載されていますので、詳しくはそちらをご参照下さい。

          

では、今日はこの辺で。お疲れまさでした!

       

コメント