【WordPress】画像だけがインデックスされている?404エラーでの解決方法!

ブログ

どうも、妖狐(@yo_ko)です。

   

ワードプレスで記事を書く際、メディアに画像をアップロードされる方は多いと思いますが、実は画像をアップロードした時点で画像だけのページが出来上がっています。

   

    

上記はワードプレスの仕様なので通常は問題ないのですが、プラグインAll in One SEO Packを利用しているとこのページがインデックスされてしまい、画像だけのペラッペラッ記事が作成されてしまう事があります。

   

これはGoogleからすれば「中身のない低評価の記事」となり、最悪ペナルティを受ける事があるのです。本記事では解決方法として、404エラーでインデックスから削除する方法を解説いたしましょう。

     

【WordPress】画像だけがインデックスされている?

画像だけのページが出来上がってしまうのは、All in One SEO PackのXMLサイトマップ機能によるものです。ゆえにAll in One SEO Packを利用した事がない方には、今回ご紹介する内容は当てはまりません。

     

※なお、All in One SEO Packの詳細が知りたい方は下記動画を日本語訳にしてご覧下さい。

     

All in One SEO Pack: Configuring XML Sitemaps

      

基本的に内部SEO対策が出来ているテーマ(無料含む)には「All in One SEO Pack」のプラグインは必要ありません。むしろコードが重複して、場合によっては逆効果にさえなります。

    

    

XMLサイトマップを作るのであれば、「Google XML Sitemaps」のプラグインがおすすめですので、是非こちらを利用して下さい。

    

404エラー(404 not found)とは?

画像だけのページを削除する方法に「404エラー」という方法があります。これは存在しないページへアクセスした時に表示されるHTTPステータスコードの事です。

HTTPステータスコードには100〜500番代まで種類がある。中には重篤な症状を表す番号もあるが、404エラーに関してはGoogleの評価対象にはならない為、大量に存在していてもSEOに影響を与える事はない。

     

下記は当ブログの404エラーページです。存在しないURLを作成してアクセスすれば、誰でも辿り着けます。リンクが古くなっているウェブサイトなどでよく起こる現象ですね。

   

※こんな感じで表示されます

    

削除したいページを強制的に404エラーにすれば、多少時間はかかりますがGoogleのインデックスからも消えます。ページ削除の方法としてGoogleから推奨されているものが、404エラーなのです。

    

404エラーのやり方

画像だけのページを404エラーにするやり方は、子テーマのfunctions.php(テーマのための関数)に下記のコードを書き込むだけです。(※必ず子テーマに書き込みましょう)

    

// attachmentページでステータス404を返す
add_action( ‘template_redirect’, ‘status404’ );
function status404() {
// attachmentページだった場合
if ( is_attachment() ) {
global $wp_query;
$wp_query->set_404();
status_header(404);
}
}

    

あとは冒頭で紹介した画像だけのページに飛んでみて、404エラーが出れば成功です。Googleインデックスからも1週間ほどで削除されると思いますよ!

   

以上、ワードプレスで画像だけのページがインデックスされている時に404エラーで解決する方法でした!

    

コメント