【おもしろ動画】ロバート秋山クリエイターズファイルで個人的にツボった5人を紹介!

おもしろネタ・エンタメ動画

どうも、妖狐(@yo_ko)です。

     

本記事では、最近ジワジワと有名になって来ているYouTubeチャンネル『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』で、特に面白かった動画5つを厳選してご紹介いたします。

      

本当に存在していてもおかしくないようなリアリティ感満載の曲者揃いですので、どうぞ腹がよじれるほど笑ってください。

       

1. 白木善次郎

こちらはプロの取り巻きとして長年活躍されている白木善次郎さん。何でも、プロの取り巻きは日本で1人しかいないんだとか・・・。相当貴重な人材ですね。

     

取り巻きの仕事内容

・有名人や権力者に取り巻く

・取り巻いた場を盛り上げる

・重要な人物っぽい雰囲気を出す

・取り巻いているが周囲のどこにも属さない

   

上記の通り、取り巻きの仕事は多義に渡ります。周囲からはいかにも重要に見えて実はそんなに重要じゃないという、演じる難易度がとても高い重要な仕事です。素人がこの域になるまでは、15年ほどかかるでしょう。

     

もし高収入の仕事につきたいのであれば、あなたもTORIMAKIを目指してみてはいかが?

      

2. ダルタニアン

ダルタニアン(パリコレNo.1モデル)①トップモデルも羨む神スタイルをランウェイで披露!【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#50】

こちらはパリコレ・ビッグ4の中でもNo.1と称されるダルタニアンさん。ファッション通の方なら、すでにご存知かも知れませんね。フランスを代表する超人気モデルです。そして、サイドは黒く塗っていません。

      

彼の美しい体型は、パリコレ界の重鎮であるルノア編集長をも魅了しました。その独特なファッションは「神スタイル」と呼ばれ、若年層を中心に圧倒的な支持を得ています。特に黒色の背景によく映え、そしてサイドは黒く塗っていません。

      

中には彼の成功を妬んで暴言を吐く者もいます。しかし、ダルタニアンはそんな事では諦めないでしょう。フランスという大国を背負い、ますます世界で活躍してくれるはずです。そして、繰り返しですがサイドは黒く塗っていません。

      

3. 上杉みち

天才子役・上杉みちくんの登場だよ! ①【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#20】

こちらは天才子役の名前を欲しいものにした上杉みちくん。子役・児童劇団「えんきんほう」所属の6才の男の子です。

     

上記の映像は新ドラマ「ライオンのキャラメル」でのワンシーンですね。もうすぐ地上波で放送予定ですが、おそらく何らかの理由でお蔵入りになるでしょう。知らんけど。

       

まだまだ小さいのに、圧倒的な存在感を見せつける迫真の演技はまさに神童。母親役のベテラン女優・佐藤みゆきさんが、思わず吹き出してしまうほどです。とても子供とは思えません。

       

とはいえ、ジュースを一気飲みしている姿はあどけなさの塊。遠近法でも使わない限り、彼が大人になんか見えませんよ!ははっ!

       

4. 押上希江

押上希江①( 詐欺師)“魔性のシンガポール事件” のあまりにクリエイティブな手口とは!?【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#38】

日本を揺るがしたあの大事件がついに映像化。被害総額6億40万円、シンガポールを股にかける伝説の詐欺師・押上希江氏についての動画がこちらです。

      

開局20周年を記念して作られた番組でして、元CCT特別捜査官の若松さんを筆頭に3人の被害者の方も特別出演。当時起こった出来事を赤裸々に語ってくれています。

      

押上希江の詳細情報

・もの凄い

・尋常じゃない

・クリエイティブ

・もの凄い

     

上記の通り、番組内では今まで隠されていた情報がすべてあらわになりました。これも被害者が身を呈して話してくれたおかげでしょう。

      

何でも、若松さんはあと1歩の所まで押上を追い込んだそうですが、とにかく凄かったんだとか。そして尋常じゃないほど凄く、さらにクリエィティブで、凄かったそうです。これは次回作も絶対に見逃せませんね!

        

5. 石丸ツワノ

石丸ツワノ(童謡詩人)①日本人なら誰もが知る名作の生みの親【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル#56】

日本を代表する詩人と言えば、やっぱりこの人。石丸ツワノ先生でしょう。数々の傑作を世に生み出し、日本童謡界の母として活躍されました。1925年85歳没。ほっ。

       

動画では、2019年に行われた生誕179周年記念の一部始終が映されています。もちろん、2020年となる今年も、生誕180周年を記念して個展が開催される予定です。生前の貴重な映像も見れるそうですよ。

   

実は私は生粋のおばあちゃん子でして、幼少期はおばあちゃんが歌ってくれた「もろもろ」で寝ていました。まさかそれがツワノ先生の作品だとはつゆも知らずに。同じ童謡でも大人になってから聞くと、また違った印象を受けますね。

    

人生とはもろもろのようなもの。もろもろ大丈夫かどうかを常に気にして生きていかねばなりません。そして何のクリームなのか?何系のクリームなのか?赤身なのか?このような質問の答えを探していかねばならないのです。ほっ。

      

おわりに

以上がロバート秋山のクリエイターズファイル5選でした。なお、本作品の完全版は下記にて購入できます。皆さんもぜひイチオシ作品を探してみて下さい。

コメント