池袋事故から見る上級国民。金と権力で正義をねじ曲げる民主主義国家。

思う事

どうも、妖狐(@yo_ko)です。

    

この記事では日本の腐りきった政治の姿をお見せいたします。なお、基本的にはツイートを引用させて頂きますのでご了承下さい。

      

金と権力で正義をねじ曲げる民主主義国家

最近、明らかに政治的な弾圧があったんだろうなという事件があります。まずは、東池袋自動車暴走死傷事故。事故から10ヶ月が経とうとしていますが、まだ容疑者は逮捕されていません。

       

池袋事故から見る上級国民

       

当時、献花台には溢れるほどの花束が置かれており、この事故がどれほど多くの人の心を傷つけたのかは一目瞭然だと言えます。

          

にも関わらず、未だに逮捕されないのは、警察組織に介入する大きな力があったと解釈するのが妥当ではないでしょうか。それを許してしまっているのがこの国の現状なのです。

      

しかし、メディアが規制されようとも外資であるSNSにはその力は及びません。ツイッターでは「風化させない」など、未だにたくさんの方がツイートされています。

       

       

手のひら返す年金問題

次に年金問題です。金融庁公表の資産形成に関する報告書には、

      

金融庁公表の報告書内容

・公的年金だけでは生活水準が低下

・30年間で2000万円が必要

      

などが記載されており、批判が殺到しました。

    

実際の所、私は年金制度が崩壊すると思っていますので大してショックではなかったのですが、「100年安心」などの謳い文句で国民を信じ込ませているのは相当あくどいと思います。

       

限りなく破綻する可能性が高い制度を続け、半ば強引に金を徴収するのは国家としてどうなのかと思いますね。せめて選択制にすべきでは?

       

     

下記は私が尊敬する橘玲さん(著者)のツイートです。※彼の素晴らしい書籍はこちらの記事でご紹介しています。

      

    

そして、私が何よりも許せない事は、国民の反発を受け麻生財務相が「報告書は受け取らない」と発言した事です。

     

彼は2000万円の試算が正しくないとおっしゃっていましたが、いやいや、めっちゃ正しいと思いますよ?少なくとも、火消しに必死な誰かさんよりも信頼に値しますね。

       

「真実」を「権力」で消し去ってはいけません。それが政治なのだとしたら、国は間違いなく崩壊します。

      

        

消費税にみる老害の既得権益

続いては消費税増税問題です。増税にあたり新聞が優遇されている件について、丸山ほだか議員が下記のツイートをされました。

     

     

新聞・印鑑・テレビ(NHK受信料)など、古くから存在するものには既得権益が存在します。政治を利用して、お金を生み出す構造を法律によって守っているわけです。

    

しかし、時代の流れと共にこの構造が変わり始めており、近年ではテレビの広告費をネットが抜くようになりました。すでにタレントより稼いでいるYouTuberがいたりしますよね。

        

思考停止し過ぎて未来が見えていない

利権で食ってきた人の特徴は思考停止です。思考しなくてもお金が入ってきて飯が食えるので、脳が退化していきます。

         

    

例えば、ちょっと考えれば印鑑なんて100%無くなるのがわかるのに、未だに必要だとか抜かして自分の利権を守ろうするわけです。他にも、

    

今後移り変わる可能性があるもの

・タクシーはライドシェア

・賃貸はAirbnb

・銀行は仮想通貨

・小売りはamazon

・本屋は電子書籍

・大型トラックは自動運転

・書類業務はAIやブロックチェーン

・肉体労働はロボット

     

これらのテクノロジーによって代替され、仕事が無くなる可能性が十分にありえます。

      

私が上記にあげたものはあくまで一部ですが、ちょっと考えればわかる事です。これを想定して働き方や人生設計を変える事など、さほど難しくはありません。

       

難しいと思うのは老害だからです。要するに、変化を恐れて一歩も動けなくなっているからなんですよ。

    

仮に日本だけがムリヤリ利権や雇用を守ったとしても、他の国はどんどん進化していきます。

       

     

IOT・自動化・AIにより、これから雇用は大激動するでしょう。そうなれば、やがて無くなる利権にこだわる必要はないし、会社や行政を信用して生きていく時代も終わるはずです。

       

おわりに

さて、いろいろと自分の意見を述べさせて頂きましたが、あくまでこれは私の予想であり、未来がどうなるかなんて正確にはわかりません。だって神様じゃあるまいしね。

    

それでも私は自分に従って自分の信じた道を行くだけです。ぶっちゃけ、他の人がどう思うかなんて関係ないんですよ。

      

でも、それはあなただって同じはず。

    

自分の信じた道を行きましょう。間違っているかどうかなんて、行ってみるまでわからないんだから。少なくとも、金や権力で示された道よりも自分の直感の方が100倍くらい信頼に値します。

     

私は個人で生きていく事を選択しました。個人で稼ぐ力をつけて、国や組織に頼らずとも生きていけるようになると。そんな道を歩きたいと。

      

高く登ろうと思うなら、自分の脚を使うことだ。高い所へは、他人によって運ばれてはならない。人の背中や頭に乗ってはならない。

出典:フリードリヒ・ニーチェ

     

コメント