【事実】ブラック企業は速攻で辞めるべき!過労死・過労自殺が溢れる異常な国ニッポン。

ビジネス

どうも、妖狐(@yo_ko)です。

    

2015年12月、大手広告代理店「電通」の女性社員が、社員寮の屋上から飛び降り自殺をしました。彼女の1日の労働時間は20時間。月の時間外労働は105時間にも及んだそうです。

        

         

私はこの事件を決して許しません。彼女と同じ労働者の一人として、ここに問題提起をします。

       

【事実】ブラック企業は速攻で辞めるべき

生きる為に働いているのに、働き過ぎて死んでしまう。それを黙認している会社や行政。ここまで狂った国はそうそうないと思いますね。

   

実際に住んでいる私が言うので間違いありませんよ。安心して下さい。この国は間違いなく狂っています。

   

長時間働く事が美徳とされ奴隷根性丸出しで働く従業員に対し、マネジメント能力皆無のクセに利益を優先して仕事をさせまくる経営陣。

    

年功序列という時代にそぐわない体制。根性論がまかり通る古臭い企業体質。コネや天下りは日常茶飯事。これが老害がつくりあげた、情けない日本の姿です。

     

何がひどいって、これだけ働かしても国の経済が堕ちていく一方っていうのがね。すでにGDP(国内総生産)は中国に抜かされ、3分の1程度になりました。

   

     

私はブログ内のたくさんの記事で「労働者は報われない」という事を書いてきました。なぜなら、経営者と労働者は対等な関係ではないからです。

       

      

それでもまだ馬車馬のように働く方がいます。まるで自分の命を投げ出すかのような勢いで。

      

私は何としてもその人達を止めたい。でないと、過労で亡くなった方々が、命を絶ってまで訴えてくれた方々が報われません。

      

必ず止めてみせます。このブログに誓って。

       

       

過去の過労死・過労自殺事件

過去に起きた過労死・過労自殺事件を、一部ではありますが、このページに刻ませて頂く事にします。彼らの人生を無駄にしたくないのです。

       

苦しみ抜いて働かれていた人達がこの世界にいた事を、どうか忘れないで下さい。

      

過労死・過労自殺一覧

・2007年、居酒屋「日本海庄や」で勤務されていた24歳の男性社員が入社4ヶ月で過労死。月の時間外労働は112時間。

・2007年、ヤマダ電機に勤務していた23歳男性が過労自殺。月の時間外労働は106時間。

・2008年、居酒屋「和民」で勤務されていた26歳の女性社員が入社2ヶ月で過労自殺。月の時間外労働は141時間。

・2009年、株式会社クロスカンパニーに勤務されていた入社一年目の女性社員が過労死。月の時間外労働は最低111時間以上。

・2010年、アニメーション制作会社「Aー1 Pictures」に勤務されていた28歳の男性社員が過労自殺。月の時間外労働は344時間。

・2010年、飲食店「ステーキの食いしんぼ」で勤務されていた男性社員が過労自殺。月の時間外労働は最低162時間以上。

・2011年、アミティーが運営する英会話教室の女性講師が過労自殺。持ち帰り残業含め、月の時間外労働は111時間。

・2012年、JR西日本で勤務されていた28歳の男性社員が過労自殺。月の時間外労働は160時間。

・2017年、居酒屋「わらわら」の店長だった53歳の男性が、開店の準備中に倒れ過労死。直近1ヶ月間休暇無し。

・2017年、新国立競技場の建設工事に携わっていた三信建設工業の23歳男性社員が過労自殺。月の時間外労働は190時間。

         

経営側の人間が今もどこかでのうのうと金儲けしていると思うと反吐が出ます。あなた達のほんの少しの裁量で、この命は救えたはずです。

     

お金は人の為にあり、人は生きる為に働いています。命以上に尊いものはなく、死ぬまで働く必要などどこにもありません。

     

思い悩まれている方へ。国や行政は一切助けてくれません。ヤバイと思ったら今すぐに全力で逃げましょう。

        

      

ブラック企業を辞めて生き残れ!

日本国憲法には国民の3大義務があります。

    

国民の3大義務

・教育の義務

・勤労の義務

・納税の義務

     

日本に生まれた私達は、日本国民としてこの義務を全うせねばなりません。しかし、よく考えてみましょう。小学校〜大学までの教育で16年、その後に労働で43年です。

     

義務だけで人生の半分以上奪われていますよ。これじゃあ有限の人生を国の為に生きていると言っても過言ではありませんね。

   

労働をさせるクセに労働環境は整えない。賃金の低下も知らんぷり。なのに税金だけはどんどん上げていく。国民の上に立っておられる方々は一体何を考えているのでしょう?

     

いや、何も考えていないのかも知れません。彼らが思考停止していても、義務をちゃんと果たしてくれる優秀な国民がいるのですから。

          

凝り固まった価値観

冒頭でお話しした電通の事件では、多くの方が彼女の死に心を痛められた事でしょう。これから国を背負っていくはずだった未来ある若者が、国によって命を奪われたようなものです。

     

その一方で、過労死は自己責任だという意見も出ており、物議を醸しています。一部の意見を引用させて頂きます。

    

月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない。会社の業務をこなすというより、自分が請け負った仕事をプロとして完遂するという強い意識があれば、残業時間など関係ない。自分で起業した人は、それこそ寝袋を会社に持ち込んで、仕事に打ち込んだ時期があるはず。更にプロ意識があれば、上司を説得してでも良い成果を出せるように人的資源を確保すべく最大の努力をすべき。それでも駄目なら、その会社が組織として機能していないので、転職を考えるべき。また、転職できるプロであるべき長期的に自分への投資を続けるべき。

出典:武蔵野大学教授のコメント(現在は削除済み)

     

もちろん、この大学教授のコメントが大炎上したのは言うまでもありません。

      

ツッコミどころが多過ぎてどこから訂正すべきか迷いますが、一つだけわかる事は、この老害さんは自分の物差しでしか物事を判断できないという事です。

    

まず、過労死に陥るまでの心的ストレスなど人によって異なります。教授のように、頭が硬い人は長生きしそうですね。

          

また、どこの誰かわからんジジイが作った会社で安い賃金でこき使われてるのと、自分にすべての利益が入ってくる起業とではやる気の度合いなんか違って当たり前です。

        

確かに彼女が逃げる道はあったかも知れません。でもね、あなたのような老害が凝り固まった価値観を人に押し付けるから、逃げられなくなるんじゃないですか。

    

この国のそんな情けない風土を作ってきたのは紛れもないあなた方ですよ。人を教育するプロ意識がある教授なら、人の気持ちを推量した発言をすべきですね。

     

小学校の道徳の勉強からやり直されたらどうですか?月100時間ほど、時間外学習をオススメいたします。

      

おわりに

私の住んでいる田舎では農業従事者が多く、まだ田んぼでお米が作られています。

          

お米になぜ値段がつくのかというと、生産に人の労働力がかかっているからです。それで生計を立てている人がいるからです。

     

ゆえに、AIと自動運転技術でもしこれらがすべて機械で作れたなら、お米に値段はつかなくなります。人は食う為に働かなくなるのです。

       

        

少しづつですが未来は迫ってきていますよ。ブラック企業の淘汰はもう目の前です。だからあなたには、そんな世界を見てもらう為に何としても生き残ってもらわねばなりません。

        

国ではなく地球の上に生まれた私達の義務はたった一つです。それは生きる事。生きているだけであなたには無限の可能性と希望があります。それ以外はすべて鼻クソです。

    

教授のようにわざわざ長文でコメントしなくても上記の一言で問題は解決します。こんな簡単な問題が解決できないなら、広告代理店の社長や飲食店の社長や教授などの器ではありませんね。

       

ただの労働者ポジションの方がよっぽどふさわしいですよ。

   

世の中には弱い人間も情けない人間も沢山いる。それを許容できない人間には人に何か教える権利なんてない。

出典:2ちゃんねる

    

コメント