noteの有料記事は買わなくていい件。つーか値段が一般書籍の5倍くらいするけど本当に価値あんの?

心理学

どうも、妖狐(@yo_ko)です。

    

最近ツイッターで流行っている有料note。システムとしては非常に素晴らしいのですが、買った人しかわからないクローズドな環境を利用して、法外な値段で売買を行う詐欺が横行しています。

      

       

この記事では、騙される人が1人でも少なくなるように、有料noteの危険性と注意点について解説していきたいと思います。

       

noteの有料記事を買うくらいなら著名人のビジネス書を買え!

noteはイラストや文章など、クリエイターの作品をユーザーへ届けるウェブサービスです。無料で作品を提供する事も出来ますし、有料(100〜数万円)で販売する事も出来ます。

    

手軽に自分の商品を販売できますので、システム自体は利便性に富んだ素晴らしいものと言えるでしょう。ですが、肝心の商品の値段を決めているのはあくまで個人であり、どれだけ信用性があるのか定かではありません。

      

ぶっちゃけ、中学生でも書けるクソみたいな文章に、あり得ないくらいの高額な値段がついてる商品が存在しててもおかしくないわけです。

     

現在問題となっているのは「〇〇万円を儲ける方法」などのノウハウ系文章コンテンツ。構造的には情報商材とまったく同じと思われます。要するに、ツイッターでプロダクトローンチかけて信者に買わす流れです。

       

      

詐欺師の手口

もちろん、馬鹿正直に売っているだけでは引っかかる人は少ないでしょう。だから詐欺師はあの手この手で偽装してきます。代表的なものは下記の「売り上げ偽装」ですね。

        

     

このように、売り上げというのは簡単に偽装が出来るものなのです。プログラムがいじれる人にとってはもはや朝飯前。それを知らず、まるで「凄く売れたお得情報だ!」と思って騙される人が後を絶ちません。

       

また、商品を販売しているアカウントにも注目しましょう。やたら金持ち・実業家・起業家・有名人・経済的成功者をアピールしていれば赤信号。なぜなら、本当のお金持ちはわざわざ見栄を張る必要がないからです。

       

        

詐欺師の常套句

よく売れるセールステクニックの一つにメリットを誇大化して伝える手法があります。人間は本能的に楽な方を選ぶので、それをあえて言語化するわけです。例えば、

      

毎日1時間の作業を頑張れば効果が出る!

1日15分を4回繰り返すだけ!楽チン!

      

上記の2つでは、おそらく後者を選ぶ確率が高くなるでしょう。合計の時間は同じはずなのに、15分という数字だけが頭に残り、より簡単だと錯覚してしまうのです。

    

詐欺師達の最大の特徴は悪知恵だけが異様に働く事。新しいサービスや人が集まる場所、流行りのものには必ずと言って良いほど群がってきます。ゆえに遭遇を避けるのは困難を極めるでしょう。

    

だからこそ、我々は騙されないように、常に疑いながら注意せねばならないのです。

     

値段が一般書籍の5倍くらいする件

ちょっとここで私のおすすめの書籍を聞いてもらえます?沈黙のWebマーケティングという本でして、ブログをされている方には本当におすすめの書籍です。定価2200円で好評発売中。

      

ただ、この書籍、内容がたっぷり詰まってるんでクソ分厚いんですよ。約500ページ、7cm以上はあります。鈍器として使えそう。

     

中身はウェブマーケティング関係の事が図解たっぷりで書かれています。初心者でも読みやすく、非常にわかりやすい本だと言えるでしょう。

     

このような市販の書籍の中身が充実しているのにはちゃんとした理由があります。それはこの書籍を販売しているのが会社であり、商品として売り出す前に会社が内容を審査しているからです。

     

しかし、個人が販売する有料noteにはこの審査の工程がありません。第三者が内容をチェックをするわけでなく、書いた本人が直接値段を決めて出品するからです。すなわち、「品質が保証されていない」という事。

    

買うべき有料noteの条件

結局の所、有料noteの購入は個人の自由なので、買いたいという人がいるならそれを止める権利は私にはありません。ですが、「買って後悔するくらいなら最初から買うな」とは心底思います。

     

品質が保証されない有料noteは言わばギャンブルのようなもの。当たりかハズレか買ってみないとわからない(高確率でハズレ)なんて、控えめに言って金の無駄です。十中八九、一般的に販売されている書籍の方がはるかに優秀でしょう。

        

それでもどうしても有料noteを買いたいなら、私だったら下記の点を重視しますね。

     

有料noteを購入する際のポイント

・書籍では手に入らないようなレアな体験談(体当たり系)

・ブログのキーワード選定など、めんどくさい作業をやってくれている(時間短縮)

・努力の跡が見えるような実績がある(ウェブサイト・ブログ・YouTubeなど)

・何かしらのフォローや見返りがある(返金OK・質問OK・個別指導など)

    

なおかつ、値段が安い事も重要でしょう。ハズレだった場合、安ければ安いほどダメージは少なく済みますから。もし有料noteを変われる際は上記の点を考慮される事をおすすめいたします。

      

      

おわりに

以上が有料noteを買わなくて良い理由でした。わざわざ有料noteを買わなくともこのブログのように、世の中には無料で見れる文章コンテンツがたくさんあります。

      

無料で見れるコンテンツにも十分中身が濃いものがありますので、まずはそちらを試されるようにして下さい。

     

     

コメント