【悲報】オワコン業界8選!沈む船からいますぐ逃げろ!

これから伸びる&オワコン産業

どうも、妖狐(@yo_ko)です。

    

この記事は、オワコン業界によるオワコン業界の為のオワコン記事まとめです。もし今から紹介する業界で働いておられる方がいらっしゃいましたら、どうか人生がオワる前に転職or副業される事をおすすめいたします。

      

【悲報】オワコン業界7選

オワコンの意味は↑だそうです。チラシの裏にでもメモっといて下さい。では早速いきましょう!

      

1. オールドメディア

オワコン度:★★★★★

まず、オワコン代表と言えばオールドメディア。いわゆるテレビや新聞などの20世紀の広告業です。この業界はほぼ100%、これから淘汰されるでしょう。つーか、諸外国は日本より早くオワコン化しています。

         

参考記事>>米、15年で地方の新聞1800紙が消滅 「ニュース砂漠」広がる

       

     

日本は特殊な環境

日本は信じられないほどのスピードで高齢化している為、国民の3分の1が老人という異様な社会構造になりました。その結果、ネットに対応できない老害がオールドメディアを利用するので、オワコン化にはまだ時間がかかりそうです。

   

しかし、将来的には間違いなく消滅するので、今から広告業をされる方は必ずデジタル媒体を選びましょう。また、タレントや俳優を目指す人も、YouTuberになった方が稼げると思いますよ!

         

2. 公務員

オワコン度:★★★★☆

オワコン2つ目は公務員です。詳細は過去記事にまとめていますので、下記をご覧ください。

      

      

3. 銀行員

オワコン度:★★★★★

残念ながら、銀行員もオワコン度が非常に高いのが現状です。理由としましては、

      

銀行のオワコン要素

・業務内容がAIに代替されやすい

・キャッシュレスが主流になる

・仮想通貨(ブロックチェーン技術)が非中央集権型

        

上記がオワコン要素となります。中央集権とは権利が1カ所に集中している状態を指すのですが(銀行の場合はお金の権利を独占している)、非中央集権であるブロックチェーンは銀行以外のものも色々ぶっ壊しそうなんで注意が必要です。

     

どちらにせよ、今から銀行員は目指さない方が良いでしょう。というか、すでに大規模リストラ始まってる件。

       

        

4. 製造業

オワコン度:★★〜★★★★(※)

※補足:2018年に締結された日EU・EPAによりヨーロッパの関税が撤廃された。ブレグジットの影響で日本企業がイギリスから撤退すればワンチャン、国内産業が空洞化している日本に戻る可能性がある。今後の動向に注目。

オワコン4つ目は製造業。この件に関しては過去記事にまとめていますので下記をご参照下さい。

        

       

5. タクシーや長距離トラックの運転手

オワコン度:★★★★☆

オワコン4つ目はタクシーや長距離トラックの運転手。現在はまだ生き残ってますが、消滅する可能性が非常に高い業種と言えます。

         

タクシー業界のオワコン要素

・自動運転

・ライドシェアリング

・大型ドローンによる空輸搬送

      

テクノロジーの発展は世界を便利なものにしてくれますが、同時に人間の仕事を奪っていきます。我々は高度に発達する科学技術の合間を縫うように、収入を得て生きていかねばなりません。

      

       

6. ガソリン自動車

オワコン度:★★★☆☆

ガソリン自動車も21世紀でオワコン化するでしょう。詳細は過去記事にまとめていますので、下記をご覧ください。

       

        

7. ハンコ・印鑑

オワコン度:★★★★★★★★★★★★★

これは既得権益に守られているゴミですので説明する価値がありません。文化もろとも滅んでどうぞ。一応、下記記事にて詳細に触れています。

      

         

2020.6.20追記:予想的中しました。

   

8. 出版業界

オワコン度:★★★★☆

ここ20年、すでに書店数が減り続けています。詳細は下記記事へどうぞ。

     

      

おわりに

以上7つがオワコン業界まとめでした。今現在この業界で働いておられる方がいましたら、とっとと副業でも始めて新時代に通用するスキルを養いましょう。

      

違う業界で働かれている方も対岸の火事と思ってはいけません。明日は我が身。これから先、日本という国自体がオワコン化する可能性だって、十分にあり得るのですから。

       

      

コメント