終身雇用・年功序列の崩壊はメリットが多い理由。リストラされて困る人と困らない人。

ビジネス

どうも、妖狐(@yo_ko)です。

      

先日、経団連の中西会長とトヨタ自動車のトヨタ社長が「終身雇用制度の維持は難しい」といったニュアンスの発言をされました。

     

      

今後、リストラが当たり前の社会になる可能性が非常に高いでしょう。しかし、終身雇用や年功序列の崩壊は何もデメリットだけではありません。本記事では、その理由について解説いたします。

      

        

終身雇用・年功序列の崩壊はメリットが多い理由

終身雇用・年功序列制度の崩壊は非常にメリットが多いと言えます。なぜなら、そもそも制度自体が時代錯誤の甚だしい間違った制度だからです。

    

事実として、日本以外に終身雇用・年功序列制度の国は存在しません。つまり、雇用は流動して当たり前なのです。

     

それをムリヤリ止めてしまう日本型の社会は異端という他なく、主要先進国で労働生産性が最下位という不名誉な称号を得る事になりました。

      

画像出典:日本生産性本部 より引用

     

「日本人は真面目。日本人はよく働く。」

      

外国の人達からはこんなセリフが聞けますが、確かにそうかも知れません。私も日本人の一人として、多くの人は真面目に働いておられると思っています。

    

ですが、長時間働いてるわりには他の国と変わらないんですよ。というか、むしろ彼らより酷い生活をしています。なぜなら、時間をかけて無駄な事ばっかりやってるから。

    

書類にハンコを押したり、いらない資料をつくったり、やらなくて良い会議をしたりして高年収をもらうおっさんが大量に存在するわけです。

          

       

そして、このおっさん達を生み出した諸悪の根源こそが終身雇用・年功序列制度。つまり、日本型の社会システムは間違っていると言わざるを得ないのです。

        

※ちなみにハンコも海外にはありません。業界もろとも消去してどうぞ。詳しくは下記の記事をご覧下さい。

    

    

人形を大量生産する終身雇用制度

私は「なぜこんな事になったのか?」を説明するのが大得意です。特に終身雇用の場合はわかりやすくて、説明しやすいですね。

    

死ぬまで雇用してもらえる。死ぬまで会社に面倒見てもらえる。この制度、一見良さそうに見えますが、それは大間違いですよ。

          

なぜなら、思考停止して働く「人形」のような社員を大量に増やしてしまうから。

         

現在の正社員というのは法律によってめちゃくちゃ守られた存在です。大企業だと組合も強く、ぶっちゃけほぼクビにはなりません。

     

なので、挑戦しなくなるわけです。現状維持で保守していれば生きていけるんですから。特別なスキルなどいらず、事なかれ主義で会社人生を終えます。

         

ですが、もしですよ?仮に簡単にクビになるような社会だったら労働者はどうすると思いますか?

       

まず、家のローンは組まないでしょうね。結婚もしないかも知れません。そして、いつクビになっても大丈夫なように自分で稼げるスキルを身に付けるでしょう。

         

上記は今の時代に最も適した生き方と言えます。しかし、一昔前には上記とまったくの逆が「理想の日本人の姿」としてメディアに取り上げられていました。

      

なぜ「理想の姿」があるのか?

家を買い家族を養う事で、労働者と経営者(資本家)の関係はより親密になります。負債を労働者に背負わす事で、会社を簡単にやめられない状況をつくり出せるからです。

   

また、日本には新卒一括採用制度も存在します。実はこれも労働者が会社をやめられなくなる事に一役買っているのです。

    

新卒以外に価値を持たせなければ、新卒で入った会社で頑張り続けようと思うのが人の心。どれほど無理難題を押し付けようがどれほど過酷だろうが、彼らは死ぬ気で働きます。

        

そして、副業を禁止にする事で、個人で稼ぐ力やスキルさえ身に付けさせません。労働者という存在は、まさに資本主義社会に隠された現代の「奴隷」そのものです。

        

労働者と経営者の関係は対等ではなく、お金は労働から一番遠い資本家の元に集まります。この資本主義の現実から目をそらして貰う為に「理想の姿」が用意されているわけです。

     

       

リストラされて困る人と困らない人

リストラされて困る状況とは、一体どんな状況でしょうか?ちょっと考えてみましょう。

      

おそらくそれは、食べ物を買うお金がなかったり部屋を借りるお金がなかったりする状況かと思われます。我々が生きる資本主義社会では、資本(お金)がないと生きていけません。

   

にも関わらず、多くの人は資本を手に入れる手段を「会社」という1箇所だけに固定しています。これは言ってしまえば、ギャンブルのようなものです。

         

アメリカの格言に「Don’t put all your eggs in one basket.(一つのバスケットにすべての卵を入れるな)」という言葉があります。

    

これは投資のリスクヘッジを指す言葉ですが、人生にも通ずる事だと思うのです。一つしかない収入源に人生をかけるというのは、果たして本当に正解なのでしょうか?

      

リストラされても困らない人になろう

私が思う「リストラされて困る人」は、中高年の方達。なぜなら、彼らは終身雇用制度を疑いもなく叩き込まれ、まるで将来が安泰かのように信じ込まされて働いてきたからです。

       

        

おまけに、40〜55歳くらいの方の多くは家のローンやお子さんを抱えていますよね。この状況でいきなり職を失うのは非常に危険と言えます。

        

会社の為に人生を捧げてきた彼らにとって、リストラは会社の裏切り行為そのもの。しかし、経営側にとっては、会社を守る為に社員を切り捨てるのは至極当然な判断。

      

相反するこの2つの溝は永遠に埋まりません。なぜなら、終身雇用・年功序列崩壊の最も大きな原因は、会社の存続自体が不可能になるからです。下記の動画を参照下さい。

       

「終身雇用は崩壊するのか」ホリエモンが忖度なしで斬りまくる!【NewsPicksコラボ】

         

新時代に通用する人材へ

勘違いして欲しくないのですが、私が批判しているのは中高年の人ではありません。だって、もし生まれる時代が違ってたなら、私も家を買って結婚をしてモーレツ社員をしていたのですから。

         

問題はすべて国にあります。そもそもの原因は、正社員の既得権益を守る為に行った2003年、小泉内閣の労働者派遣法改正。この時にすでに制度崩壊しておくべきだったのです。

禁止していた製造業および医療業務への派遣を解禁。専門的な26業種については、派遣期間が3年から無制限に変更。 それ以外の製造業を除いた業種では、派遣期間の上限を1年から3年に変更。

      

時代が移り変わりテクノロジーが進化する中で、ずっと同じ形態でビジネスできるはずがないでしょう?人口動態や社会情勢が変化するなら、雇用だって変化して当然。

        

リストラが当たり前の世界はもう目の前です。日本がつくり出してしまった幻想から目を覚まし、どうか世界で戦える人材になって下さい。

       

       

◆MIDAS(ミイダス)

ミイダスは最も有名な転職アプリの1つです。5万社以上の企業が提携しており、また自分の市場価値・行動特性・個性の3つの診断が無料で行えます。登録しておくだけで、圧倒的に有利な転職活動が行えますよ!

        

コメント