節約しても貧乏なのはなぜ?本当のお金持ちが見栄を張らず自慢もしない理由。

お金持ちになる方法

どうも、妖狐(@yo_ko)です。

   

この記事では、世の中の大半の人が思っているであろう疑問を解決する事にいたしました。

     

本記事の内容

・節約しても貧乏な理由

・節約よりも大切な事

・お金持ちの考え方と思考回路

      

この記事を最後まで読んで頂けたのなら、おそらくあなたの思考回路はかなりお金持ちに近づいている事と思われます。どうか、3分ほどお付き合いください。

    

節約しても貧乏なのはなぜ?

「お金持ちになれない理由」というのを端的に表すなら下記の構図になります。

    

お金持ちになれない理由①

・支出が収入を上回っている

    

小学生が考えてもわかる構図ですが、この状態だと絶対にお金持ちにはなれません。しかし、ほとんどの方は給料のすべてを使わずに、貯金しながらやりくりをされているはず。

    

実はもう一つ、私を含む一般市民が絶対にお金持ちになれない構図があるのです。それは、

    

お金持ちになれない理由②

・収入を増やすのではなく支出を減らそうとする

        

上記の構図です。おそらく、毎日節約されている奥さんならここで怒りが爆発するでしょう。 

    

節約ママ

特売品しか買ってないのにお金持ちになれないですって?そんなの嘘よ!

    

プロ節約家

激安スーパー○出の100円惣菜しか買ってない私に、間違いがあるわけないわ!

     

ですが、残念ながら事実なのです。私が今から述べる事をよく考えてみてくださいね。

    

資本主義の社会で生きていく為にはお金を消費する必要がある。これは節約するには限界がある事を意味する。ゆえに小さな節約を続けた数十年よりも、収入を増やす努力をし続けた数十年の方が圧倒的に効果が高い。

         

例で考えてみよう

この理論があっているかどうか、例にして考えてみましょう。まず究極の節約術。それは「仙人になる」です。

山にこもって自給自足の生活をすれば生活費は一切かかりません。電気代・ガス代なども必要ナッスィング。小川の綺麗な水を沸かしたら風呂にも入れます。

   

ですが、この生活だとどうしても仕事を捨てる必要がありますね。まず都心のサラリーマンの平均年収は得られないでしょう。

    

つまり、お金は減らないけど増えもしないという事です。「金持ち父さん貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏は、この状態をラットレースと呼んでいます。

    

【ラットレース】

働いても、働いても、一向に資産が貯まらない状態のことである。働いても、働いても、一向に資産が貯まらない様子が、回し車の中で、クルクル回っているネズミに似ていることから定義されている

出典:Wikipedia

     

収入を伸ばす

では、次に収入を伸ばす努力を例にしましょう。普通にサラリーマンをやっている方なら副業するのが一番手っ取り早いと思います。

わかりやすいのがYouTuber。今後、5Gの世界がやってくると動画コンテンツの需要は高まります。チャンネル登録者数10万人ほどで月収40万くらいにはなるんじゃないですかね。   

     

     

あるいは不動産買って家賃収入とか、株の投資とかもありだと思います。リスク回避の為の勉強は必須になりますが、リターンは労働収入の比になりません。

   

      

この状態になると収入が爆発的に伸びるのがお分かりでしょうか?労働して稼ぐ収入+ビジネス収入になるからです。

    

そう、節約するのはこの状態になってからなんですよ。森の中に突撃するのはビジネス収入を得てからでいいんです。そうでないと、一生ラットレースからは抜け出せません。

    

      

お金持ちが見栄を張らず自慢もしない理由

私の家は限界集落ともいえる田舎にあります。信じられないかも知れませんが、日本昔ばなしに出て来る「かやぶき屋根の家」です。

   

    

まさに先ほど述べた森の中に住んでいるわけですが、こうゆう所に住んでると「人と比べる」という概念がありません。周りに人いませんからね。

    

ですが、都市部の住宅地なんかだと嫌でも目に入ってしまいません?お金持ちの大きな家・高級車など。いわゆる隣の芝生が青く見える現象です。

    

これに憧れて自分も大きな家を買ったり、高級車を買ったりする行為は、実はお金持ちから遠くなってしまう要因の一つかも知れませんよ。

    

お金持ちはなぜ高級車を買うのか?

資産家のお宅にはこぞって高級車が存在しています。なぜお金持ちは高級車を買うのでしょう?ここでいくつかの案を出し、その理由を考えてみる事にします。

      

1. お金が有り余ってる説

資産家

金が腐るほどあるから買うんや

なるほど。確かに一理ありそうです。ただ、ちょっと合理的ではないですね。お金持ちならタクシーかハイヤーで移動した方が早いので、わざわざ自分で運転する必要ありません。

     

2. 自慢したい説

ヤクザ

黒塗りのベンツやぞ、どや!事故したらどうなるかわかっとるやろな?お?

これも納得できます。しかし、「お金がある」と自分から主張する事は、実は犯罪をおびき寄せる事にもなるんですよ。泥棒はお金がありそうな家にしか侵入しませんからね。

    

3. お金持ちのフリをしているだけ説

イケメン

女の子をゲットする方法は高級車でナンパするのが一番!

高級スポーツカーを格安で乗る方法にレンタルがあります。「わナンバー」なんで見たらわかりますが、その辺の知識が無い人から見たらお金持ちに見えますね。

    

しかし、実際に所有しているお金持ちの話をしてますので、この説は当てにならなそう。ただ、一つわかった事は、お金持ち達は必要ないのに高級車を買っているという点です。

   

どうです?違和感がありませんか?

    

何を持って高級車とするのか

隣のお家が国産の某高級ワゴンを乗っていたり、国産の某高級乗用車だったりするとお金持ちに見えますよね。でも、それって本当にお金持ちなんでしょうか?

   

例えば、その車を5年ローンとかで買ってたとするなら、残念ですが全然お金持ちじゃないです。さしずめ、ただ無理して頑張っている小金持ちって所。つまり見栄です。

    

国産車を買うという事は利便性を追求している事になります。私も国産車なんですけど、マジでコスパ良すぎです。ただ、お金持ちならおそらくフェラーリを買うと思いますね。

     

お金の本質を考えろ

フェラーリなんてコスパ考えたら利便性ゴミカスなんですけど、乗るために買わない彼らにとったらそんな事どうでも良いのでしょう。

     

フェラーリは最も中古価格が下落しにくい高級スポーツカー。この事実から得られる回答は、お金持ちは売る為に高級車を買っているという事。

    

「何で売るためにわざわざ高い金出して買うの?アホなんか?」という疑問を持たれているかも知れません。いえいえ、金を出してるわけじゃないんですよ。

         

本来なら税金として取られるお金で買っているのです。つまり、高級車が節税対策というワケ。これを踏まえて冒頭の話に戻りましょう。

      

見栄やプライドって本当に必要ですかね?お金持ちでさえ見栄やプライドで買っていないのに、お金持ちからほど遠いあなたが見栄やプライドで買う理由ってあるんですかね?

       

おわりに

人の欲には終わりがなく、お金持ちになったからといって必ずしも幸せになれるとは限らないのが現実です。資産がどれだけあっても、もっと欲しいと願う気持ちが増大するなら、それは逆に不幸になるのではないでしょうか。

    

所詮どこまでいっても、金なんてただの紙切れ。国が価値を持たせているだけの紙切れです。忘れないでください。本当に大切なものは、いつもあな自身の中にあるはずです。

      

なんのために人間は裕福でなければならないのか? なんのために彼には高価な馬が、立派な服が、美しい部屋が、 公共の娯楽場に入場する権利が必要なのか? すべてはこれは思考の欠如からきている。 こうした人々に、思考の内的な仕事を与えよ。 さすれば彼は、もっとも冨裕な人々よりも幸福になるだろう。

出典:ラルフ・ワルド・エマーソン

    

◆ファイナンシャルアカデミー

ファイナンシャルアカデミーは、お金のプロから金融資産の構築方法が学べるサービスです。資産運用や投資の基礎について、専門の講師から丁寧に教えてもらえます。

妖狐
妖狐

お金の知識を身につける事が「お金持ちへの第一歩」です!

      

コメント