お風呂に入る事で得られる健康的な3つの効果【理想的な入浴方法】

ライフハック

どうも、妖狐(yo-ko)です。

   

冬の季節になると、寒さのあまりどうしても長湯したくなってしまうお風呂。もちろん、お風呂にゆっくり浸かる事は、心身共にリラックス出来る最高の時間です。

      

ですが、間違った入浴方法をしてしまうと、体には多少なりとも負担がかかる為、返って逆効果となる場合があります。

      

この記事では、そんなお風呂がもたらす健康的な効果と、理想の入浴方法について解説していきたいと思います。

        

お風呂に入る事で得られる健康的な効果

1日の終わりに体の汚れを落としリラックスできるお風呂。暖かいお湯に浸かることは、健康的にも良いとされています。

           

日本には湯治【とうじ】と呼ばれる温泉療養があるのはご存知でしょうか?病気の治療に効果があると期待されているので、長期間入浴することを療養方法にしているのです。

    

入浴がもたらす効果は主に3つに分けられます。

      

1. 温熱作用

お湯に浸かることで、まず皮膚表面から温められていきます。その後、皮膚の血管を通じて暖かい血液が全身に巡り体が温まるのです。

体が温められると血流も良くなります。血流の改善は疲れを取るだけでなく、肩コリや腰痛などの痛みを和らげ筋肉の柔軟性を高める効果ももたらしてくれます。

     

2. 水圧作用

お湯に全身を浸けることで、体には水圧がかかってきます。実は意外とこの水圧の力は大きく、肩まで浸かった場合、腹囲が数cm縮んでいるほどだそうですよ。今夜お風呂に入った時、ぜひ測って見てくださいね。

この水圧の作用で下半身に溜まった血液が心臓に戻るため、血液循環が促進され脚のむくみ改善になるでしょう。ただし心臓や肺などに負荷がかかるので体の弱い方は注意して下さいね。

 

3. 浮力作用

水中にある物体には等しく浮力が働きます。この浮力が体重を10分の1程度まで減らしてくれるので、お風呂に浸かってる間は足腰への負担を軽減できるのです。

私達は地球上で生活しているので、常に重力の影響を受けてますよね。しかし、お湯の中では唯一この重力から解放されます。ゆえに筋肉の弛緩がなくなり、心身共にリラックス出来る状態になるのです。

      

理想的な入浴方法

外が寒いと、どうしても「アツアツのお風呂に肩までどっぷり浸かって温まりたい!」と思うのが人の心。ええ、ええ、わかりますとも。

       

しかし、寒いからといっていきなり湯船に飛び込んでしまうのは、体に大きな負担をかけるので非常に危険です。

    

そこで、安全で健康的にお風呂が楽しめる、理想のお風呂の入り方を皆さんにご紹介しましょう!

      

1. お湯の温度は40℃までのぬるめ

42℃以上の熱すぎるお湯はNG。高い温度は体を興奮状態にしてしまい、さらに血圧が上昇する為、内臓の働きが弱まるのです。これでは逆効果になってしまいます。

       

お湯の温度は40℃を目安にしましょう。38〜40℃のぬるま湯に浸かる事で、筋肉がほぐされ心地よいリラックス効果を得る事ができます。

2. 水分を補給する

お風呂に入る前にコップ1〜2杯の水、またはお茶を飲みましょう。

       

汗をかきやすくなり老廃物が体外へ出て行きやすくなります。

         

3. お風呂に入る手順

まず、体を湯温になじませる必要があるので、湯船に浸かる前に必ずかけ湯を行ってください。

         

その後、半身浴で1〜2分ほど、次に全身浴という流れで入って頂くのがベストです。

    

4. 入浴時間は15分程度を目安で

入浴時間が長すぎると、体に必要な油分などの成分が必要以上に洗い流されてしまいます。

         

これはお肌の乾燥に繋がりますし、何より脱水症状の懸念もあります。あまり長湯はしないよう気をつけましょう。

5. お風呂上がりも水分補給

お風呂上がりはのどが乾くので、何か飲まれる方は多いと思います。

        

入浴中は自分が思っている以上に汗をかいているものです。健康の為に必ず水分補給しましょう。

   

おわりに

いかがでしたでしょうか?以上の5つが理想的なお風呂の入り方になります。

        

これから冬本番を迎え、まだまだ寒い日が続きますが、ぜひこの理想的な入浴方法で体の芯から温まって下さいね!

コメント