【初心者向け】独自ドメインの設定方法を解説します。

ブログ

どうも、妖狐(@yo_ko)です。

     

前回:【レンタルサーバー編】に引き続き、今回は【独自ドメイン設定編】になります。

      

独自ドメインの設定方法を解説

ドメイン業界には様々な会社が存在します。ここではその中でも特に有名と思われる4社をピックアップしてご紹介いたします。

       

ドメイン会社特徴
エックスドメインドメインの更新費用が安く、エックスサーバーと連携サービスを利用できる。
お名前.comドメインで検索すると一番最初に出てくる大手が提供するサービス。
さくらインターネットさくらのレンタルサーバーと一括管理ができる。値段は高め。
ゴンベエドメイン特殊なものや珍しいドメインが豊富。値段は若干高め。

       

ドメインとサーバーを同じ会社が提供しているものにすると、一括管理が出来る等のメリットがあります。

   

余程のこだわりが無い限り、現在ご利用されている(これから利用する)サーバー会社のドメインサービスを使われる事をオススメいたします。

    

この記事では私にノウハウがあるエックスドメインの解説をしていきます。他のドメインを選ばれる方は、詳しい説明が書かれているサイトを載せておきますので、ぜひ参照下さい。

     

各ドメイン会社を吟味したい方へ

参考サイトferret

参考サイトまめわざ

        

お名前.comの設定方法

参考サイトお名前.com Naviガイド

     

さくらインターネットの設定方法

          

ゴンベエドメインの設定方法

参考サイト:トラック野郎のアフィリエイト

      

エックスドメインの設定方法

さて、ここからはエックスドメインの設定方法に入りましょう。

     

ですがその前に一つだけ、先に終わらせておかねばならない事があリます。それはブログのタイトルを決める事です。

      

以前も申し上げましたが、独自ドメインは自分でURL設定ができます。当ブログでは、

https://sometime-blog.com

この赤マーカーの部分ですね。これはブログタイトルにちなんだものにするのが一般的です。

        

検索エンジンには通常、サイトタイトルとURLが両方表示されます。下記は当ブログをGoogleで検索した時の画像です。

この状態で私がブログのタイトルを「まだ田舎で田植えしてるの?」に変更したとしましょう。すると、タイトルとURLがまったく噛み合わず不恰好になりますよね?

   

これでは変な誤解を生みますし、ブログ自体の信用度低下にもつながります。必ず最初に長考して納得のいくタイトルを決めてから、ドメイン設定に入りましょう。

    

では、設定方法に入っていきます。

       

1. トップページから「お申し込み」へ

⬇︎

2. 希望するドメインを検索

⬇︎

ここでは、試しに「something」で検索してみる事にします。

⬇︎

⬇︎

結果が出ました。どうやら「something」で使えるのは「.ne.jp」だけのようですね。では、少し手を加えてみましょう。

⬇︎

⬇︎

「something-blog」にした所、すべてのドメインが使用できるようになりました。このように、自分が最も納得できるドメインになるまで諦めずに挑戦しましょう。

    

ドメインの種類

「.com」「.net」などのドメイン名には、用途と対象使用者が存在します。後々のトラブルを避けるためにも、基本的にはこの意味に沿って設定される事をオススメいたします。

    

種類用途対象
.com商業組織用誰でも登録可
.netネットワーク用誰でも登録可
.jp国別コード日本に住所がある人のみ
.info特に制限なし誰でも登録可
.org非営利組織用誰でも登録可
.co.jp営利法人用会社や組合などの組織のみ
.biz ビジネス用ビジネス利用者のみ
.me国別コード(モンテネグロ)※誰でも登録可※
.ne.jpネットワーク用誰でも登録可(審査あり)

※モンテネグロは発展途上国のため、国別コードが自由に使える種類の物になっている。「me」が英語で「私」を意味するので、近年たくさんのサイトで使われ人気になっているんだそう。

    

3. 次ページ「会員情報の登録へ」

⬇︎

4. 「会員情報の入力」で完了

⬇︎

お支払い方法は下記から選べます。

お支払い可能なサービス

・クレジット支払い

・コンビニ支払い

・銀行振込

・ペイジー払い

     

登録完了したら最初にやるべき事

登録完了したら「インフォパネル」へログイン。

インフォパネルでチェックするもの

・サーバー

・ドメイン

・SSL証明書

この3つがあるかを確認して下さい。

    

ドメインのSSL化

さて、登録が無事済んだなら最初にやっておいた方が楽な事があります。それは「ドメインのSSL化」です。

    

SSL化(Secure Sockets Layer)とは簡単に言うとセキュリティ対策になります。登録したばかりのURLでは通信が暗号化されず、セキュリティ対策が不十分なのです。

   

⬇︎登録したばかりのURL

http://◯◯.com

⬇︎SSL化済みのURL

https://◯◯.com

   

このように「http」の後ろに「S」がつく事で、SSL化が完了します。では早速これをやっていきましょう。

   

1. インフォパネルから「サーバー管理」へ

⬇︎

2. ドメインの「SSL設定」へ

⬇︎

3. ドメイン選択画面から「独自ドメイン」を選択

⬇︎

※以降はエックスサーバー社の関連マニュアルに従って頂くのがわかりやすいと思います。設定が終われば、実際にサイトのURLが「https」になっているか、必ず確認しましょう。

      


     

次回からはこのSSL化されたドメインを使用し、ワードプレスを立ち上げる作業になります。ぜひ【ワードプレス立ち上げ編】もご期待下さい。

       

コメント